Pocket

卒寿の由来

 

卒寿とは、数え年90歳のお祝いで、「九十」が「卒」の俗字である「卆」と読めることからきていると言われます。

 

長生きのシンボルの亀にちなんで、「亀寿」と呼ばれることもあります。

 

数え年とは生まれた時を「1歳」とし、お正月毎に1歳を加える年齢の数え方ですが、最近は数え年で91となる年にお祝いすることも増えてきました。

 

卒寿祝いの歴史

 

 

昔は人の寿命が今よりずっと短かったことは、皆さんもご存じでしょう。

 

そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったといいます。そうした習慣が伝わってきたのが日本の卒寿祝いの起こりです。

 

その後、平均寿命が延びて行くとともに、77歳=喜寿からの長寿祝いが日本で独自に発生。卒寿もその一つです。

 

ただし、その習慣が定着した時期については、実のところはっきりしていません。ただ、70歳の古希祝いが発生したのが室町時代と推定されていますから、それ以降であることは確かでしょう。

 

卒寿の色について

 

 

還暦に赤いちゃんちゃんこや赤いものを送ることは有名ですが、90歳のお祝いの色は「白」あるいは「紫」または「黄色」となります。白色は白無垢に用いられるように無垢な色、そして神聖な色でもあります。

 

90歳のお祝いの他に99歳のお祝いの白寿や、100歳のお祝いの紀寿または百寿でも用いられます。

 

卒寿では、「紫色」がキーワードが主流になりました。では、なぜ「紫色」なのでしょう。

 

実は紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。たとえば、聖徳太子の時代。貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。

 

僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど。その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。

 

また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。

 

だから、卒寿のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。

 

ただ紫にこだわる必要はない

 

ただ紫色にこだわらなくても、その心を大切にして卒寿のお祝いをすることが一番大切です。

 

例えば黄色はエネルギーに溢れた色であるとも言われ、他に80歳のお祝いの傘寿、88歳のお祝いの米寿でも用いられます。

 

全ての長寿祝いで縁起の良い色ということですね。ただ好みが分かれる色でもあります。

 

卒寿を迎える人がこれらの色が好きな場合はそのままで良いですが、好みではない場合はイメージカラーにこだわる必要はありません。

 

卒寿のプレゼントで選ばれているもの

 

 

お祝いのプレゼントとしては定番のちゃんちゃんこと帽子ですが、最近は本人の趣味にあった実用品が喜ばれるようになってきました。

 

お花

 

先に述べたお祝いの色を用いた花束を用いても華やかになります。

 

生花は季節によって変わってしまうので、花束を贈られる場合は「90歳のお祝いである」ことと、お祝いを迎える方の性格などを花屋さんに伝えるといいでしょう。

 

卒寿の記念品としてのプレゼント

 

この他のプレゼントとしては子供や孫達からのアルバムや色紙、座椅子、柔らかい敷布団や和菓子、思い出のCDなどが上げられます。

 

卒寿のプレゼントにつける熨斗は

 

 

卒寿祝いに限らず、長寿祝いの熨斗は紅白、あるいは金銀の蝶結びのものを使います。

 

この時に気をつけたいのは、結婚式と同じ「結び切り」を選ばないようにすること。

 

90歳という年は人生にたった一度きりしかないとはいえ、長寿のお祝いはこれから何度も続くように・・・と考えれば間違えないで済みます。

 

また最近は、カラフルで華やかな金包みも豊富にありますから、親しい間柄ではそうしたものを選ぶのも楽しいものです。

 

失礼にならない卒寿のプレゼント

 

また、当日、お祝いの会の写真を撮って、後日額入りで贈るという方法もあります。

 

この時、趣味ではないもの、サイズの合わないものを贈るのは失礼に当たるので注意が必要です。

 

何を贈ろうか迷った場合は、お祝いされる本人に尋ねて欲しいものを確認するのが一番良いと言われています。

 

卒寿祝いの予算について

 

 

米寿のすぐ後に迎えるお祝いであるため、簡単に済ませるというケースも多く、お祝いの相場としては5000円から2万円前後だと言われています。

 

卒寿のお祝い食事会はどこでするか

 

 

加えて、お祝いとして食事会を開く場合、身体が元気な方のお祝いであれば、普段行けないようなレストランや料亭など、外で食事会を開くことが多いです。

 

90歳の食事会で注意すべき場所

 

90歳のお祝いに限らず長寿祝いを迎えるまで長生きされた方の身体への健康面を考えると、食事会を長時間行うことが困難であったり、外に食べに出ることが難しかったりします。

 

可能であれば、自宅を会場とするのがお祝いされる方に負担が少ないでしょう。

 

卒寿を祝う食事会のメニューの注意点

 

メニューはお祝いされるご本人の体調を見ながら決め、糖尿病や高血圧などの持病を抱えているなら、かかりつけ医に相談してメニューを決める必要もあります。

 

90歳ともなると歯が悪かったり入れ歯を利用している場合があるので、柔らかく、喉につまらないような料理という配慮も必要になります。

 

直接祝えない場合は、メッセージカードや電報を贈ったり、電話をかけたりして、お祝いを伝えるといいでしょう。

 

卒寿には90年の感謝を伝える祝う会へ

 

 

卒寿は還暦に比べると無事に迎えられるとはいえない長寿祝いであるため、ここまで元気に長生きしてくれたことに感謝の気持ちをこめて、お祝いを開くことが大事になります。

 

先にも述べた通り、悩んだら本人に相談してみるのも良いでしょう。