Pocket

卒寿祝いは曾孫も親戚も呼び盛大に祝いたい

 

 

90歳という年齢を迎えるのであれば、卒寿祝いをしてあげるといいでしょう。

 

家族や親せきなどを呼んでみんなでお祝いをしてあげれば、本人も自分が残してきたものの大きさも実感しやすくなります。

 

お祝いの仕方としては、プレゼントを渡したり、食事会をする方法もありますが、出来ればどちらもしてあげるといいでしょう。

 

自分のためにみんながいろいろと考えてくれるだけでもうれしいはずですし、みんなの顔を見れるだけでもうれしいからです。

 

90才の卒寿での食事会の開催は人数が増えやすい

 

 

お祝いをするときに食事会をするのであれば、まずはどのくらいの人に出席をしてもらえるかを確認していきましょう。

 

集まる人数によって会場も決めていかなくてはなりませんので、まずは早めに人数確認をすることです。

 

もしも遠方に住んでいるなどで日程が逢いそうにないのであれば、少人数でのお祝いになってしまいます。

 

自宅での卒寿の食事会は日時も人数も変動に対応できる

 

無理にどこかの会場を借りるのではなく、自宅で行うようにしてもいいでしょう。

 

自宅で行う場合には、本人もゆったりとすることが出来ますので、いつもの生活している場所でゆったりとすることが出来ます。

 

料理の準備方法

 

 

集まる人数が少ないのであれば、本人が好きなものを手料理で作ってもいいでしょう。

 

ある程度の人数が集まるようであれば、手作りをするのは大変ですので、仕出しなどを取るのも方法です。

 

料理の準備や後片付けもしなくてもいいですので、段取りに時間をかけれそうにない人にとっては最適な方法といえるでしょう。

 

仕出しをお願いする際には、卒寿祝いであることをお店に伝えるようにし、それ相応ものを作ってもらうことです。

 

卒寿のお祝い、人数が多いときはお店で行う方が良い

 

 

お祝いに十数人もの人が集まってくれるようであれば、無理に自宅で行う必要はありません。

 

広い会場は早めに予約でおさえておく

 

広々とした会場を選んだ方がいいですので、お店を予約しておこなうようにしましょう。

 

お店を予約するときには、個室を選ぶようにし、リラックスできる雰囲気を作っていかなくてはなりません。

 

90歳ともなるとかなりの高齢ですので、不慣れな場所に行くのは疲れてしまうことになります。

 

お祝いの席で体調を壊すようなことになってもいけませんので、本人が疲れないような場所を選ぶことです。

 

座椅子が必要なことを事前に店に伝える」

 

個室を選ぶときには、座りやすい席を用意してもらうようにしましょう。

 

<椅子を用意してもらうことによって、足が疲れずにすみますので、足腰が弱っている人でも楽に過ごすことが出来ます。

 

卒寿の食事会でサプライズプレゼントを

 

 

卒寿祝いで食事をしたら、そのときにプレゼントを渡すようにしてもいいでしょう。

 

孫やひ孫から渡してもらえばさらに喜びは増していきますので、子供たちと一緒に練習をして渡す準備をしておきましょう。

 

プレゼントだけではなく、心温まるメッセージを添えることによって、また後日読み返すことが出来ますので、喜んでもらうことが出来るはずです。

 

体調に気遣いながら卒寿のお祝いを

 

 

卒寿祝いで大事なのは、本人が喜ぶというだけではなく、体調を気遣いながら行うということです。

 

食事会で人数も多く、普段とは違う環境ですから気配りの注意が必要です。

 

寒い時期などは体調管理も大変ですので、時間帯を考えて行うようにしましょう。

 

開催の時期や時間帯をお祝いする方の目線で

 

出かけるときに、あまりにも暑いようであれば疲れてしまいますので、夕方涼しくなってから出かけるようにしたり、朝早くに出かけるようにするのも方法です。

 

季節のいい時期であれば、夜行うよりも昼間に行う方がいいですので、本人の体調を確認しながら行うことです。

 

卒寿祝いの段取りをしたら、無事に当日を迎えたいものですが、当日になって本人の体調があまりすぐれないようであれば、無理せずにキャンセルすることも大切です。

 

体調悪ければ予約はキャンセルする

 

予約をしているからと無理をして実行してしまうと、体調を壊す原因になりかねませんので、キャンセルもやむを得ないという気持ちで準備をしていく事です。