Pocket

おじいちゃんとおばあちゃん

卒寿とは、おじいちゃんやおばあちゃんが90歳を迎えたという、節目のお祝いのことです。

90歳の祝いの際に卒寿という言葉を使うことになった所以としては、「卒」の略字が卆であるため、九と十に見えるからだとされています。

日本人の平均寿命が男女ともに80歳を超えたことを考えても、90年間ものあいだ生きているというのは、おめでたく、喜ばしいことです。

そんな長生きをしたおじいちゃん、おばあちゃんにこれからも元気でいてね、という想いを伝えられるのが、卒寿のプレゼントです。

その人の一生に一度しかない記念日の贈り物ですから、喜ばれるものを贈りたいですよね。

今回はそんな時に喜んでもらえる、定番のプレゼントを紹介します。

 

卒寿祝いに取り入れたいカラーは紫色

ラベンダー畑

まず、色についてです。

長寿の祝いには、還暦や古希、喜寿などが挙げられますが、これらにはそれぞれにお祝い色があります。

還暦では赤いちゃんちゃんこや赤いパンツなど赤い物を贈ることで有名ですね。

卒寿祝いの色として挙げられるのは、紫色です。

紫色は、古くから気品のある色として扱われてきた色です。

飛鳥時代に聖徳太子などが制定した、色によってその身分を簡単に表すことができる位階制度である冠位十二階でも、紫色は最も身分が高い色として使われていました。

そのような背景もあり、今でも紫色は高貴な色としてのイメージが根付いています。

そのため、卒寿のお祝いには長寿への敬意とこれからの健康を祝って紫色のものを贈るのが定番だとされています。

 

卒寿のプレゼントの定番商品

90歳のお祝いの定番プレゼント

ここからは、卒寿のプレゼントの定番商品をご紹介します。どんなプレゼントが卒寿祝いに選ばれているのかをチェックして、卒寿祝いのプレゼント選びの参考にしてみてくださいね。

花束

胡蝶蘭

お祝いで何を贈るか迷った時には、花束を贈るのが定番ですが、花言葉があるために様々な想いを込めることが出来ます。

紫色でお祝いに贈られるお花と言えば、胡蝶蘭やガーベラ、バラなどが挙げられます。

胡蝶蘭には、「幸福が飛んでくる」、ガーベラには「希望」や「前向き」、紫色のバラには「気品」や「尊敬」などの花言葉があります。

このような良い意味をもつ花に加えて、90歳を迎えるご本人さんの好みのお花や好きな色を合わせて贈れば、喜ばれることは間違いないでしょう。

また、花束だといつかは枯れてしまう可能性があります。

そのため、最近は花束の代わりにプリザーブドフラワーにすることで、枯れることがなく、ずっと飾っておける花を贈ることも人気となっています。

何を贈るか迷った時の花以外の選択肢としては、似顔絵が入った色紙や、名前入りの食器などがあります。

本人の顔や名前が刻まれたものは、自分のことを想って選んで贈ってくれたということを、相手にも直接の形で伝えることが出来るのでオススメです。

卒寿祝いのプレゼントとして贈って良い花と贈ってはいけない花

お酒

日本酒

また、ご本人の趣味や好みに合わせたプレゼントの選ぶという手もあります。

お酒が好きな人には、日本酒や焼酎などを贈ると喜ばれます。

贈り物のお酒の中には、ボトルやグラスに名前を入れられるものもあるので、ぜひ調べてみてください。

また、食事が好きでグルメな人には、美味しいご飯を一緒に食べに行くのも1つです。

普段、少人数でお食事をされている人は、自分の家族が来てくれて、大人数で食事が出来るというだけでも喜んでもらえるでしょう。

お茶が好きな人には湯飲みを、いつまでもオシャレな心を忘れていない人には、洋服やストールなども喜ばれる贈り物です。

このように、本人が好きなものを贈ることで、心に残る記念日にすることができます。

また最近は、プレゼントに祝われる本人が生まれた当日の新聞を添えて贈ることも多いです。

少し変わり種を思わせるイメージですが、こんなことがあったのだ、と興味深く見てもらえることは間違いないです。

卒寿祝い に記念日のプレゼントに贈る究極の名入れ酒!純米酒の大吟醸【紫龍】オリジナル名入れ酒 1800ml ¥17,800

名入れグッズ

90歳のお祝いにおすすめの名入れグッズ

卒寿の方にこれまでの感謝の気持ちをプレゼントに込めたいという場合には、名前やメッセージを入れることができる名入れグッズがおすすめ。

例えば、90歳の年齢になると自宅で過ごす時間が長くなりますので、名入れの湯呑みや名入れの置時計、名入れのフォトフレームなどの自宅で過ごす時間が楽しくなるようなアイテムはいかがでしょうか。

見るたびに触れるたびに贈り手の愛情を感じるとともに、これからも楽しく人生を送ろうと前向きな気持ちになってもらえるでしょう

名入れされていることで90歳のお祝いの記念品にもなります。

また、お酒が好きな場合には名入れのお酒や酒器、グラスといったように、趣味や好みに関するものに名入れすることもおすすめです。

受け取った側としては自分の好みをよくわかってくれている、趣味を理解してくれているとうれしい気持ちになってもらえるでしょう。自分の名前が入っているとなると、喜びも一塩です。

名前やメッセージが入っているプレゼントとしては、名前を使って感謝やお祝いの気持ちを伝える名前詩のプレゼントも人気です。

お店によっては本人そっくりの似顔絵や縁起の良い動物を添えてくれる場合もあります

いつまでも手元に残る記念品を贈りたいという場合には、名入れグッズを検討してみましょう。

 

卒寿のプレゼントを贈る場合の注意点

靴下

ここで注意しなければならないのが、あまりにも地味なものでない方が良いということです。

これは、ただただ地味なだけのものは、年齢や老け感じさせてしまうためです。

そのため、贈り物には若々しく元気なものを贈ることが多いです。

また、苦、や死を想像させる櫛や、手切れを思わせるハンカチや刃物、靴下や靴などの踏みつけるものは、贈り物としては避けた方が良いと言われています。

お茶も葬式をイメージさせてしまうために避けた方が良いと言われることがあります。

しかし、ご本人がお茶を好きだという場合や、よくお茶を飲んでいるという場合など、本人がお茶に対して悪い印象がない場合にはお茶を贈っても大丈夫ですし、喜んでもらえます。

イメージや語呂はさておき、贈り物には本人が最も喜ぶものが一番だということを忘れずに、プレゼント選びをすることが大事です。

 

まとめ

90歳のお祝いの定番プレゼントまとめ

長寿のお祝いとしては、88歳の時に米寿のお祝いがあります。

卒寿のお祝いはそれから2年後なので、短いスパンでお祝い事が続くことになります。

また、卒の字が終わる、終えるという意味を含んでいるために縁起が悪いと思って、このお祝いをスルーしてしまう人もいるかと思います。

しかし、せっかく一度きりの90歳の記念日です。

心を込めたプレゼントを贈って、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に過ごすことで長寿をお祝いしましょう。

貰ったら嬉しい!卒寿祝いのプレゼントとは